病院の教育改善を願う

わが地域の市民病院は、別名「死人病院」と言われている。また、働く看護婦の物言いが非常に悪いのでも有名だ。せめてもの救いは門前薬局の薬剤師がいいことぐらいだろうか。

私の娘は幼い頃、予防接種で陽性反応が出たために、定期的に通院せざるを得なかった。市民病院はいつも混雑していて、朝は早くに予約をとりたい人は、わざわざ診察券を投入するだけのために家を出ねばならない。そのための自宅から病院までの距離は自転車で10分、険しい坂を往復しなければならない。幼い娘を一人自宅に置いていき、坂の往復をする、予約の時点で既にハードルが高い作業となる。

また、娘の検査結果は、いつも問題ないこともあり、薬を頂くだけでよいなら、近所の病院での通院にしていただけないか、先生に尋ねたいのですがと切り出したところ、
「はぁ?それって、開業医にでしょう?」
と看護婦に切り返された。私はとにかく担当の先生に聞いてみたい、と言ったが、とりあってさえくれなかった。
「朝、ここに来るだけで大変なんです」と言っても、
「それはお互いさまでしょう?」という具合だ。まるで取り付く島がなく、私は諦めざるをえなかった。

近所のお医者さんは、「市民病院の側から了解があれば、こちらでお渡ししてもいいんですよ」と言ってくれていたのに、融通が利かないと思いながらも、こちらは薬を頂かねばならない立場。最後まで我慢しつづけるしかなかった。

そんなこと以外にも、当時2歳だった3女が突然腹痛を訴え、救急車で運ばれたけれど、病院では、ただ服を全部はぎとって、ベッドに寝かせたまま数時間放置されていたことがある。ことなきを得たからよかったものの、もし何かあった時には訴えると思ったくらいだ。

その3女が成人する少し前、また腹痛を訴えて病院に行ったところ、いろいろ要らない検査だけして、結局薬をもらえなかった、と言ったときにはさすがに頭に血が上った。お金を払っていながら、痛みの処置がしてもらえない検査にどんな意味があるのだ、とばかりに、私は仕事から帰宅後、病院に立ち寄って、理由を尋ねた。すると、慌てたように案内された部屋の入り口には「お客さま相談室」と書かれてあった。つまりクレーマーの対応?とも思えた。その後、「担当の先生は帰宅してしまったのですが」と言われながらも、なんとか薬をもらって帰った次第である。

こんな対応能力のない病院に、今後自分の体を預ける気持はしない、という熱いメッセージを送りたい。
そして、唯一の救いである門前薬局に求人がいつも貼ってあるのはこの病院がこんな調子だからではないのかと思う。
http://xn--gmq12gowhcrf1fq14ct3h946c394a.com/

 

我慢できない痒みが起こる前に医療脱毛を利用しましょう

デリケートゾーンの痒みって人には言いづらいし、恥ずかしいと思っている人も多いと思います。
もし、我慢できない痒みとカッテージチーズのようなおりものが出てきたら・・・カンジタ腟炎を発症しているかもしれません。
普段デリケートゾーンの痒みって生理中なんかもナプキンで蒸れたりするので、痒いなって思ったりすることがあると思います。

ただ、カンジタ腟炎の痒みは想像以上のもので、私も初めてなったときは気になりすぎてトイレットペーパーで痒い部分を掻いたりしてしまいました。
よくネットでカッテージチーズのようなおりものが出ると書いてありますが本当にその通りで、あと臭いも気になってきてしまうと思います。
初めてなった時はまだカンジタ腟炎という名前も知らない状態だったので、男性と変なことしてないし性病だったらどうしようと不安でいっぱいでした。
でも、病院へ行って診察され誰にでもなる病気だということを知り、自分が気づかないうちに体調不良になっていたりストレスを溜めているとなりやすいことを知りました。
私の場合は寝不足が続くとなりやすいようで、今までに何回なっているかわかりません。

他にもカンジタ腟炎になる前に倦怠感や頭痛の症状が出る人もいるようです。
また、妊娠中もなりやすく痒いなと思ったら恥ずかしがっていて赤ちゃんに何かあっても嫌なので医師にもしかしたらカンジタ腟炎になっているかもしれませんと告げ、薬を処方してもらうようにしていました。
デリケートゾーンのことだし、病院へ行くこと自体ハードルが高いように思えますが、体質によってなりやすい人もいるようなので初めてかかった時はまずは病院できちんと診断してもらったほうがいいと思います。
私も我慢してれば治るかもと思っていたこともありますが、それで治ったことがないので自己判断せず薬をきちんと出してもらうことが大事です。
二回目以降なった場合はCMでもやっている市販の薬を使うでもいいと思いますが、薬にも種類があるので試してみてダメだったらきちんと病院に行ってほしいと思います。

もうこんな痒みを経験したくないので、医療脱毛でデリケートゾーンを清潔にするところから始めようと思います。
<<デリケートゾーンの医療脱毛はクリニックが絶対安全で確実です!>>

総合病院の産婦人科医は志が高くなくちゃ、やっていけない

総合病院の産婦人科に入院して手術を経験して思ったことは産婦人科のお医者さんはやっぱり激務だということです。

婦人科のほうで私はお世話になり10日ほど入院しました。重い病気ではありませんでしたので、入院後半は、歩く練習もかねてよく院内、特に産婦人科病棟をふらふらしていました。そうして見ていると、先生方はいつもいらっしゃるじゃないですか。一日お休みをとっても翌日には朝早くからいるし。朝8時頃の回診、夜19時頃の回診でも同じ先生方がきてくださるし、お休みが絶対的に少ないのだろうなと思うのです。

産婦人科医のなり手が少ないと言われる中、産婦人科を目指した先生は、きっと志が高いのだろうなっていつも思います。今、TBSで「コウノドリ」をやっていてとても反響が大きいですよね。生まれて、生きることをとても丁寧に描かれていて、これを見て産婦人科の先生になろうという人が増えてほしいなって思っています。

私の周りでは、頭がいいと医学部に行くという考え方の学生もいたり、お金持ちになりたいからという理由だけで医学部に入るという人も残念ながらいます。でも、そんな人たちばかりではないのだと入院して実感しました。それまでは、産婦人科医だった先生だったのに、開業したら内科をやっていて、ああ、この先生は楽してお金もうけしたいのだろうなと失礼ながら思っていたりもしたのです。他にもやる気のなさそうな内科医を知っているからでしょうか。

でも、入院して思ったのです。産婦人科の先生って絶対に志が高いのだろうなって。私が入院したところは、産科も婦人科も一緒です。部屋はさすがに違いますが。産科はいつお産が始まるかわからないですし、婦人科では、私のように手術してしまえば良くなってしまう軽い病気の人や癌と戦っている方もいらっしゃいます。先生方は、赤ちゃんが生まれる喜びと死に立ち向かわなければならない患者さんと両方診ているのです。すごいなあって尊敬します。

回診の時には、いつも先生方は穏やかにいらして、「どうですか」なんて話してくれるのですが、先生、疲れているのだろうなって分かったときがあります。個室に入院しているときに隣りが先生の宿直室だったのですが、ばたんとドアが空いてバタンとドアがしまって、どさっと横になったのだろう物音が聞こえてくるのです。そして、また数時間もしないうちにバタバタと部屋を出て行ったりと。お産が始まったのかなとか患者さんが急変したのかなとか心配していました。数人体制で産婦人科を回している先生方には恐れ入ります。

どうか、お医者さんを目指す方で一人でも多く産婦人科を目指してくらたらいいなと願っています。もちろん、看護師さんも同様です。人の生き死ににかかわる仕事だし、夜勤などもあって本当に大変な仕事だと思います。少しでも医療関係者の方が働きやすい職場で志を持って働いてくださりますように。
余談ですが、看護師さんの職種としてこんなものもあるんですね⇒ http://看護師求人治験.com/

近所の皮膚科に派遣されてる薬剤師がインパクト大!!

皮膚トラブル解決のときはいつもちょっと足を延ばしてお隣り街の皮膚科まで出向いていた私。
それが最近また皮膚トラブルがあり、できれば家の近くに皮膚科があって信頼できそうなお医者さんだったらそっちの方がいいなと思い、ネット検索をかけてみることに。
それまでお世話になっていた遠くの皮膚科を避けたいと思ったのは単に距離的な問題だけでなく、何かお医者さんがイマイチ親身になってくれないなという点がちょっと納得いかなかった。
処方されたお薬なんかはそこそこ効くし、信頼できないとまでは言わないものの、診察のときにこちらが何か質問をしないかぎり、ろくに目も合わせず早々と向こうから切り上げるような在り方が見受けられたのが引っかかった。いつも混んでる病院だし、ほかにも患者さんがたくさんいるのは分かるけどあまり納得がいくまでお話しを聞いてくれる雰囲気がない感じだった。
どうせ隣り町まで行って医者にかかるなら以前にも皮膚科の受診歴があって信頼できる大きな病院にしようかと思ったが、そこの病院に限って行きたい曜日に皮膚科診察をやっていないことが判明。
そんなこんなで結局、近所で検索して出てきた最寄りの皮膚科へ向かうことになった。
鵜呑みにはせず、一応参考の一つぐらいにとどめておくため口コミ情報もチェックすると、そこの先生は優しい先生とのことだった。
近いし行ってみようと思い、午前中のうちに出向いてきたそこの皮膚科はいろんな意味インパクトある薬剤師さんだった。
まず、今時ただのメモ用紙のような紙切れに個人情報を書かされたっていうのがインパクトがあった。
全体的には昔ながらのやや古風な個人経営のお医者さんという感じ。
初診だから私の住所や電話番号など、必要な情報を記入するのに所定の用紙がないというところが今時珍しかった。ので、受付で渡された「小さな紙」にササッと最低限の情報だけを、求められるままに素直に記入。
次にインパクトがあったのが、待合室にある雑誌類。
ひと昔前の洋画が取り上げられている雑誌が何冊もあって、ここの病院の先生か関係者のどなたかが映画ファンなのだろうか、なかなかマニアックな映画好きが買っていそうな雑誌が見受けられ、待ち時間中思わずパラパラめくって流すように読んだ。
土曜日というお日にち柄か、ほとんど患者さんも来ていなかったため早々と名前を呼ばれては診察室へ。
初めてご対面の先生はきちんとこちらの顔を見て一言ずつをよく聞いてくれた。いい先生だった。
先生の印象はよかったが、このとき診察室にあった体重計もまた目を引いた。
いかにも昔ながらのドッシリした体重計で、「秤」という文字が書かれていたり実にレトロ。
さっきの映画雑誌といい、昭和レトロな体重計といい、全体の病院の造りや方針といい、古いモノ好きなお医者さんなのかなーと憶測した病院だった。
肝心の処方された薬はよく利いているし先生はお人柄もいいし、待合時間も早いしで今度から皮膚トラブルがあったらここの病院にしようと思った。遠い上、建物の造りが今風でキレイでも診察が微妙なクリニックにわざわざ行くよりも多少古風でもしっかり診察してくれるご近所の名医の方がよっぽどいい。もっと早くここの病院を知っていればよかったなーと思ったし、行ってみるものだなと思った。
ちなみにこの薬剤師さんは派遣でこの皮膚科にきているようです。変った人だな~と思いました。それと同時に病院に派遣薬剤師が来ているのにも驚きでした。
きっとこのサイトに登録したのかな??⇒ http://薬剤師派遣短期.com

非正規雇用で低収入でも結婚したい!

現在、非正規雇用にて働いていますが、正社員になれるなら、という願望はあまりありません。自分自身の体調面に不安があるからです。
以前はそれなりに雇用日数があり、賃金もそれ相応の額を貰っていましたが、改定され、今は週に一日の勤務が常態化しています。しかし、この職場ならではの利点があり、今、辞めてしまえばゼロからのスタートになってしまいます。
実家暮らしで独身となれば考えるのは、まず、自分自身の費用のみになります。家賃や光熱費を捻出できるだけの稼ぎはなく、貯金もありません。実家を出てしまうことのマイナス要素は大きく、また、結婚にも興味がないため、何とか現在の生活を維持しようと必死です。
過去に結婚を考えたこともありましたが、結婚となると考えるのは、いつか離婚するようなことにならないとも限らない、ということです。離婚ともなれば慰謝料だ何だとさらに費用が膨らむことが考えられますし、もしも結婚生活がうまくいったとしても相手が借金を作らないとも限りません。また、相手の家族が親戚になる、ということで血の繋がりはなくても厄介事が多くなると考えられます。テレビや雑誌などで取り上げられるような面倒な事態になってもらっては身が持ちません。子どもができたことを考えれば、それはそれはパニック状態に陥りそうだと思っています。
結婚に関してはこのようにプラス要素が全く思いつかず、私の人生の選択肢としては今のところはありません。自分の生活で精一杯なのです。
年金に関しても稼ぎが少なくなってきたため、数年前から免除申請を行うようにしています。現在の生活が破たんしてしまっては将来など全く考えられないからです。この制度は二十歳になった時にきちんと把握しておくべきだったと反省しています。また、このような制度があることはもっと認知されないといけないのではと思っています。
低収入ではありますが、独身であること、実家暮らしであることから何とか生活はできています。もう少し良い稼ぎができればと思いますが、体力がなく、毎日の仕事には向いていません。悪循環ではありますが、自分の体の状態を知り、生活していくことが何よりも大切だと考えているため、無駄遣いを控えることくらいしかできませんが、何とか頑張って行こうと思っています。
それでも最近は結婚を意識するようになりました。
非正規雇用ですので、まずはこのサイトをよく読んでみたいと思います。⇒ 低収入なんか関係ない!男は結婚相談所より婚活サイトがオススメ

お盆だからこそ

鎌倉
社会人になってからは、なかなか実家の家族と顔を合わせたり一緒にどこかへ出かけたりということがしづらくなるもの。そんな折、今年の夏のお盆の時期がやってきた。国内屈指の観光地古都鎌倉に我が家の代々身内が眠る霊園があり、そこへお墓参りに今年も行ってきたときのことが純粋に嬉しかった。

今年のお墓参りは、家族の中では仕事の関係もあり、私と母のみの参拝となった。しかしながらこれがまた楽しいもので、母と待ち合わせをする前からすでに自分自身へのちょっとしたプレゼントも兼ねた鎌倉散策がゆるされる日でもあった。亡き身内が与えてくれたのだと捉え、玄関の藤沢駅からすでにいつも鎌倉への散策旅情はスタートを切る。行きは時間的に余裕をもって家を出て、合流地点である鎌倉駅までは観光ルートを取り、目と心の保養のためにも江ノ電で行くのが私の中で定着している。車窓から目に入る景色はどこを取っても絵にも詩にもなるのが鎌倉エリア。観光電車の江ノ電でカタンコトン見慣れた鎌倉まで続く街並みはこの日も素晴らしく、今回もしみじみと感慨に浸りながら乗車を愉しんだ。

短くて儚くも美しい旅に違いない旅のお供には、サザンオールスターズの曲。ウォークマンで聞きながら江ノ電の車窓をじっと眺め続けた。時折、江ノ電の駅での蝉しぐれが聞きたいときはその都度片方のイヤフォンを外して耳を澄ませ、もう片方の耳ではサザンの曲を流し続けた。どちらにしても夏の洗礼には違いないので嬉しい。
江ノ電の中そうして心がゆるっとナチュラルにオフになり、お気に入りの服を着て軽く頬杖をつくような形で車窓の向こうの大好きな街並み風情をただ黙って見つめていた私は、自分でも今とっても幸せそうに安らいだ顔つきをしているんだろうなと自覚していたほどだ。

母と待ち合わせの鎌倉駅に早めに着き、母が来るまで近隣を練り歩いて再び駅に戻ると母がいた。霊園行きのバスには子どもの頃ぶりのレアなレトロバス、りんどう号にもたまたま運よく乗ることができたのもまた嬉しかった。

霊園でお墓参りを済ませるといつも鎌倉散策をするのが我が家のお墓参り後の習慣だが、このときも母と鎌倉を練り歩いた。なかなか母と二人だけの親子水入らずでという機会もなく、こういう純粋な母子の交わりは本当に嬉しい。

小町通りで一緒に食事をしたり、鎌倉らしいブティックで母に似合いそうな一着を見て回ったりする姿には店員さんからも何だかお友達みたいですねと言われたこともあった。一年中観光客が絶えない場所、鎌倉。お盆の暑い時期は鎌倉は閑古鳥期のはずだが、それでも観光に来る人は来る。私たちもまたそのうちの一人だった。
何しろ関係性を改めて確認し、一緒に楽しく睦まじく過ごしてこそのお墓参りだ。今度のときは母が行ったことのないという御成通りのブティックを案内してあげたい。素敵なひとときだった。